株式会社 四航コンサルタント
HOME事業内容測量・情報計測・調査 > 各種施設管理台帳
事業内容

道路台帳

平成の大合併を終え道路台帳図面及び調書においても、統合化を行い道路台帳管理の効率化を行うことが急務となっています。 道路台帳の構造化データを作成することで精度の向上を図りつつ統合化業務を劇的な低コストで実現するこが可能です。

・数値化

数値化
↓

・構造化

数値化データを元にして1区間単位として以下のような図形データを作成します。

図形データ
↓

・基礎情報の抽出

構造化された図形データより、車道面積や延長、路肩面積、歩道面積、側溝などの道路台帳基礎情報をデータベースに抽出します。

データベース
↓

・調書作成・出力

各種エラーチェックを行い、数値データで入力されていない起終点地番などの入力を行い、調書を出力します。

調書作成・出力

構造化を行うことで以下のメリットがあります。

・調書作成のコストがほぼなくなります。
・図面データから抽出しますので延長や面積などの精度が向上します。
・構造化データはそのままGISデータとして利用することができます。

固定資産業務

航空写真測量の技術をベースとして異動更新から評価業務に至るまで豊富な実務経験を有しています。弊社では不動産鑑定士と業務提携を行っており土地評価についても安心してお任せいただけます。

上下水道・公園台帳など

台帳整備からGIS構築までの一連の業務でコンサルティングを行います。